高級木材マホガニーとは?

センダン科の広葉樹で、古くから高級木材として特にヨーロッパで高く評価されてきた木材です。
その人気から原産地での乱伐が進み、今ではマホガニー属に属する3種の木本(キューバマホガニー、
ホンジュラスマホガニー、メキシコマホガニー)がワシントン条約によって取引制限されています。

アフリカンマホガニーについて

心材の色は淡い桃色や赤色で、金色の光沢があります。
丈夫で加工しやすく、家具はもちろん彫刻材、楽器、高級車の
ダッシュボード、飛行機のプロペラなど、幅広い場面で使用
されています。

アフリカンマホガニーについて

アフリカ大陸は広大な熱帯雨林や草原といった自然に恵まれ、
数多くの生態系が生息しています。
昔からアフリカの人々の営みをこの大自然が支えています。

大規模天然ゴム農園も多数存在し、また広大な熱帯雨林の
おかげで豊富な木材を有し、世界有数の木材輸出国が多く、
各国の主要産業の一つになっています。

まれに木材を資金源として悪用する事態や違法伐採が発生していましたが、近年は資源保護協会や、
地元の環境保護団体の活動により環境保全活動への取組が活発になり、生態系への影響や絶滅要因となる伐採の抑制を行い、綿密に計算された地域の森林だけを木材として伐採するように、政府や企業に働きかけています。

アフリカの木材は種類が豊富で、使用用途も多種多様です。
特徴としては硬くて重いので、主に家具や楽器、床板、内装材、つき板に使用されています。また品質も高く、高級木材の代用として使われる木材もあります。世界中の各産業界などに供給され、比較的安価で入手できる木材として注目されています。